急にお金が必要!今日借りられるプロミス

MENU

急にお金が必要!近頃借りられるプロミス

急にお金が必要な状況で、極度弱るのは「直ちに」借りられれない実態。
急にお金が必要なポジション思い当たる方法としては、バイト日雇いや競り市で不要な物を販売したりという方法がありますが、最低でもこんな方法でお金を手にするには1週はかかりますよね。早くても2〜3お天道様はかかってしまいます。
急ぎのときは翌日、または近年必要、ということが多いので仲間や父母に借りる別方法がないと諦めてしまう。

 

どうにか周りに借りずになんとかしたい!そんな時は即日融資プロミスが便利。
プロミスは、近頃借りたいとして申し込んだら近頃、お金を借りることが可能です。
土日祝や夕刻もウィークデイ一緒に契約することができますので、週末や銀行が終わって掛かる時間でも危険零。
本当の「急ぎ」に素早く対応してくれます。

 

当サイトでは、プロミスの即日融資の方法や、直ちに借りるための方法をご紹介します。
どうしても近年お金が必要な常連、プロミスならスピーディに態度できますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

プロミスってどういうサービス?

プロミスは、三井住友銀行群衆の消費方金融であり、キャッシングやカードローンなどで必要な値段をATMから自由に誘い出すことができるキャッシングサービスです。消費方金融には銀行類消費方金融自立類消費方金融があり、プロミスは三井住友銀行と職種協力を行っている結果安心してキャッシングによることができるのが最大の楽しみです。

 

プロミス

出資利息(世の常年率) 審査時間 楽しみ
4.5パーセント〜17.8% 最短半

30日間無利息サービス!
(※プロミスキモサービスにお申込されたほうがトップ)

24時間インターネット(端末やスマホ)からのお申し込み受付けや契約・納入までインターネット契約で、店舗に行けない方も気軽に利用することができます。(※対象金融機関は200行以上あります。)

【陰】
・審査から振込みまでインターネットで契約
・即日融資も可能(インターネット契約の場合、当日振込(ウィークデイ14状況までにインターネット契約最期が必要)みが可能)

↓オフィシャルウェブサイト↓

http://cyber.promise.co.jp/

申し込み〜契約までの進め方

プロミスで即日融資するための流れをご案内いたします。特にその日のうちにキャッシングができる方法を、初めての常連もわかりやすいように撮影と共にご紹介いたします!

 

インターネットから申し込み

自ら店舗をめぐってもいいのですが、前もって表面ホームページから申し込みをした方が速やかです。
オフィシャルウェブサイトから申し込みをすると、メールでレスポンスが返って来ますので、ケータイなどで必要書類を撮影して送付するだけで大丈夫。
住居や職場はもちろん、外からでもスマホでオフィシャルウェブサイトに行き方すれば簡単に申し込みが可能です。

 

書類をカメラで撮影して送付する

審査を受けるために必要な書類は、基本的には現状認可のみです。
運行認可がある常連はそれだけでOKなので、運行認可をスマホやデジカメで採集し、申し込み書式にアップして送付するだけでOKです。
搬送以下審査が行われて、審査結果はメールで送られてきます。(メールまたは電話と代替が可能)
審査時間は約幾分〜1時間程度です。

 

審査結果が出たら店舗へ向かう

審査に通過したら店舗へ向かいます。
プロミスの無人契約時機は、全国に約1,116場内、さらに三井住友銀行のローン契約チャンスが全国に約704場内、二つ合わせると全国に約1,820場内とマーケットトップクラスの本数を誇ります。
オフィシャルウェブサイトから最も近い無人契約時機または三井住友銀行のローン契約時機の場所を探し出し、そっちで引き続き契約を行います。

 

店舗に先にユーザーがいる!性格が先に契約中央だった!

ユーザーに会いたくない、見られたくない、という常連や、近年中に契約しよのに高まる!とう常連は、近くの店舗の触発が店舗内にありますので、そちらを確認して他の店舗をめぐって契約しに行くのがいいと思います。

 

契約が終わりカードが発行変わる

契約をする時は、自動契約時機の個室に入って契約を行います。
契約が終了しカードが発行されたら、自動契約時機の個室から外へ出ます。外へ出ると銀行ATMという形のATMがありますので、そっちで発行されたカードにおいてキャッシングをすることができます。
自動契約時機は契約のみの備品なので、キャッシングをすることはできません。

 

▼自動契約時機

 

▼ATM

 

店舗に行かない「Web契約」もオススメ

近年中にお金を借りたいユーザーは、店舗をめぐってカードを発行してもらうのが最短ですが、そこまで急いでいなくてユーザーには会いたくない、という常連は「Web契約」がオススメです。Web契約なら、申込み〜契約まで皆インターネットで契約。契約後は自分の口座に振り込んで味わう方法でキャッシングができる振込キャッシングを利用すれば、カード不要で店舗でユーザーに巡り合うことなくキャッシングをすることができます。
Web契約は時間さえ間に合えば即日融資も可能なのですが、Web契約の場合キャッシングの方法が振込キャッシングのみとなりますので、お持ちの口座によってはウィークデイ9:00〜14:50までに振込キャッシングの申し込みをしなければならないので、確実に即日融資をしたい場合は店舗でカードを発行してもらうことをオススメします。

プロミスでその日のうちにお金を借りるには?方法と肝

プロミスは土日祝もウィークデイと同じように契約が可能です。また、夕刻も契約を行っているのでいつでも頼りになるキャッシングです。
しかし、24時間四六時中という訳ではありません。その日のうちにお金を借りるためにはいくつか守らなければならない時間があります。

 

本審査可能時間

プロミスの本審査可能時間は、9:00〜21:00ウィークデイ、土日祝問わず、四六時中そういった時間に審査を受ければその日のうちにレスをもらうことができます。
自動契約時機は22状況までプロミスATMは24状況までなのですが、こういう時間であればその日のうちに融資が可能ということではありませんので気をつけてください。
21状況を過ぎた場合は、翌日の9状況以降に審査のレスが返ってきますので地点引き続き契約を続けてくださいね。

 

在籍確認可能時間

審査の最後には、在籍確認があります。
在籍確認は職場の電話に誰かが対応してくれないと在籍確認にはなりません。つまり、営業が終了していて電話に出なかったり、響が流れるようだと明日になってしまいます。在籍確認が可能な時間を予め確認しておくようにしましょう。

 

振込キャッシング態度時間

振込キャッシングは、自分の口座に振り込んで行うという形でキャッシングができるのでATMに出向く必要がなく便利です。
プロミスでは「瞬フリ」といいますが、自分が抱える口座によって時間が違う。

・三井住友銀行かジャパンネット銀行
24時間四六時中ほぼ状況
・その他の銀行口座
ウィークデイ0:00〜9:00・・・当日9:30頃に振込み
ウィークデイ9:00〜14:50・・・ほぼ現状で振込み
上記の時間帯別・・・翌営業お天道様に振込み

三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の銀行の場合は瞬フリの態度時間外の場合は明日になってしまいますので注意してください。
特に即日融資をWeb契約で行った場合はカードが手元にありませんので、せっかく契約が当日中に完了してもキャッシングが明日になってしまう場合があります。
予め瞬フリ態度時間を確認した上で、Web契約にするのか店舗へいくのか制するようにしましょう。

三井住友銀行でも申込みが可能

プロミスは、三井住友銀行群衆の消費方金融です。職種提携している結果、プロミスの契約は三井住友銀行のローン契約時機も可能です。
最近、プロミスの無人契約時機は全国に約1,116場内あり、決してマーケット内で少ない方ではありませんでした。
しかし、三井住友銀行と職種提携したので三井住友銀行内にもローン契約チャンスが設置されると、全国に約1,820場内とマーケットトップクラスの本数となりますます利用しやすくなりました。
特に今までプロミスの自動契約機に入りずらかったユーザーにとっては、三井住友銀行のローン契約チャンスが利用できるようになった結果人目を気にすることなく契約やキャッシングができるようになりました。
今まで以上にプロミスは便利で利用しやすくなったということですね。

 

▼三井住友銀行のローン契約時機
通常のATMのとなりに器ランクでローン契約チャンスがあります。

 

三井住友銀行の諸登録や口座伸長も行えますので、利用しやすいです。

 

▼プロミスまたは三井住友銀行のとも利用可能
こちらでは、プロミスだけでなく三井住友銀行のローン契約も可能です。

 

▼プロミスの無人契約時機
三井住友銀行の囮が一緒に掲げられているため入りやすい

誰でも利用しやすいプロミス〜集成〜

  • 土日祝や夕刻も審査が可能!
  • 三井住友銀行ローン契約時機を利用すれば、ユーザーに気づかれにくい!
  • 瞬フリなら口座に振り込んで買う形でキャッシングができる!

近年必要なお金を借りたい状況、プロミスは非常に便利で利用しやすいのが特徴です。
しかし、消費方金融と言われるとどうしても「周りに有りたくない」「ユーザーにバレたくない」ので敬遠しがちですよね。
そこで、プロミスは三井住友銀行と職種提携しているとして三井住友銀行内にローン契約時機を設置したり、プロミスの店舗に三井住友銀行のローンの囮を掲げたりと、人から見て消費方金融を利用していると気づかれにくい気配りを細かいところで行っている。
これなら、人目を気にすることなく契約することができますよね。
これまで以上に利用しやすくなったプロミスで、軽度ピンチを乗り切りましょう!

 

 

↓オフィシャルウェブサイト↓

http://cyber.promise.co.jp/